全国の通信制高校 資料一括請求
サイト利用者合計1万2,000人
入力はカンタン1分!
  • 1 学校のエリア
  • 2 現在の状況
無料資料一括請求スタート
まとめて資料請求できる学校の一例
  • 第一学院高等学校
  • 飛鳥未来高等学校
  • ルネサンス高等学校/ルネサンス豊田高等学校/ルネサンス大阪高等学校
  • 鹿島学園高等学校
  • 学校法人佐藤学園ヒューマンキャンパス高等学校
  • KTC中央高等学院
ご存じですか?卒業で得られる資格はすべて同一です
だから、次へのステップへと歩みだすために

このような方々の学校選びをサポートします

ひとは十人十色。かけがえのない個性あふれる生徒たちの“未来”“夢”“希望”を手厚く応援してくれるのが、通信制高校・サポート校です。

ケース別 通信制高校・サポート校の特徴やメリット

高校編入・転入(中台)

将来のために、高卒資格が取れます。本人に最適な学習スタイルで学べ、大学進学も目指せます。

  • 過去に高校で修得した単位は引き継げます
  • 単位制(無学年制)なので留年はありません
  • 10月入学可能、転編入は随時可能です
  • 受験・就職のサポートや、進学コースがあります
  • 4年制大学の指定校推薦枠があります
不登校の経験者

新しい環境で、心機一転。新しい高校生活をスタートできます。学校もサポートしてくれます。

  • 不登校・長期欠席でも入学できます
  • 少人数クラス、個別対応など、自分のペースで無理なく学べます
  • 必要登校日数が年に数回なので、登校への不安も軽減できます
  • 先生や専門カウンセラーによる手厚いサポートが受けられます
  • 学校行事が友達づくりのきっかけにもなっています
高校新入生(中学生・受験浪人)将来の夢がある方

目標や自分の時間を大切にしながら、本人のペースで高校卒業を目指せます。

  • 自由な校風で“自分らしく”のびのびと過ごせます
  • 就職や進学に直接つながる専門科目を学べます
  • スポーツや芸術など多彩な授業のコースがあります
  • 時間制約が少ないので、空いた時間を夢のために使えます
  • eラーニング(インターネット学習)導入校もあり、ライフタイルにあわせて学べます
生徒数も学校数も年々増加し、役割が多様化している
通信制高校の比較・検討は、資料請求からはじめましょう
無料資料一括請求スタート
お気軽にご相談ください
通話無料:0120-963-569 営業時間

卒業・夢への近道は本人にあった学校を選ぶこと

人それぞれに個性があるように、学校にも個性があります。マイペースで無理なく学べる工夫、目標や好きなことを見つけるための工夫、大学進学のためのサポートなどなど。さまざまな趣向・違いをしっかり把握し、“本人にあう”“本人の力を伸ばせる”学校を選びましょう。

各校の違いと特徴

全日制高校や定時制高校と同じく「高校卒業資格取得」となる高校教育過程のひとつ。登校日数が少なく、自分のライフスタイルに合わせて「時間」「場所」「学習方法」を選択することができます。

ポイント
  • 通信制高校にも公立と私立があります。公立は学費が安く(授業料は無償)、私立は独自のカリキュラムを導入など、学習面・サポート面に力をいれています。
  • 通信制高校も「就学支援金」が支給されます。(履修単位数に応じた支援金)
    • ※所得によって加算支給や、受給の所得制限があります。
例えば
  • 全日制高校が運営
  • 卒業証書も全日制と同じ
  • 学習スタイルは週2~5日制、個別指導制など多数のスタイルから自由に選択
  • ダンス、乗馬など多彩なプログラム体験学習あり
  • 「好き」を自分のペースで好きなだけ
  • 学べる分野は20種類以上
  • 全国30箇所以上に校舎があるから気軽に通える
  • 専門科目はプロの先生が丁寧に教えてくれる

通信制高校を3年で確実に卒業するために、単位取得や進級、生活面などのトータル的なサポートを行う私立校です。様々な専門科目や学習コースも多く、私立の通信制高校に通っている生徒の多数がサポート校にも通っています。

ポイント
  • 手厚いサポートで、高い卒業率(卒業率98%という学校も)を誇ります。
  • サポート校だけの入学はできません。サポート校の入学とともに、提携する通信制高校にも入学するという流れが一般的です。
例えば
  • 30年以上の歴史を誇る
  • 高い進学実績。大学・短大・専門への各種推薦が充実
  • 担任制度
  • 先生全員が常勤かつ正社員
  • 生徒自身が先生を選べるマイティーチャー制を導入
  • 様々なスクールイベントで思いっきり学校生活を楽しむ
  • トライアルレッスンで自分の可能性を広げよう!
  • 世界自然遺産で行われる年に一度の体験学習!

文部科学省の実施する、正式名称「高等学校卒業程度認定試験(旧 大検)」に合格するための予備校です。 合格すれば「高校卒業と同程度の学力」が認定されますが、高卒の学歴にはなりません。

通信制高校の学費ってどれくらい?

通信制高校は全日制と違い、単位制をとっているために授業料も履修単位に応じて変わってきます

公立と私立で授業料は大きく異なり(公立は1単位当たり900円に対し、私立は8,000円~1万円)、その分、私立は手厚いサポートを受けることができます。
また私立の中でも、学校のカリキュラム通学コースがさまざまで、学費は大きく変わってきます。

カリキュラムだけでなく、学費も事前に把握しておくことが大事です。

<参考>私立高校
授業料等の比較
全日制高校 通信制高校
私立 私立A校(登校は年1回のスクーリング(2泊3日)のみ) 私立B校(週3日登校コース)
授業料 378,624 250,000 200,000
(10,000円×25単位) (8,000円×25単位)
入学料 160,901 10,000 10,000
施設整備費等 170,370 0 60,000
スクーリング費など - 51,000 280,000
709,895 311,000 550,000
就学支援金(新制度)※1 ※2 -118,800 -120,300 -120,300
(9,900円×12ヶ月) (4,812円×25単位) (4,812円×25単位)
実質費用 591,095 190,700 429,700
備考 平成24年度私立高等学校等授業料等のデータ    
  • ※1 2014年4月より適用の就学支援金です。
    「市町村民税所得割額」が15万4500円以上30万4,200円未満の世帯を基準にしています。
    所得によって加算支給や、受給の所得制限があります。
  • ※2 通信制高校は、履修単位数に応じた支給となります。
  • ・就学支援金は、学校により計算方法が異なる場合があります。
  • ・学校により、入学考査料、制服代、積立金、教材費等が別途かかります。
  • ・授業料等は変更になる場合がありますので、詳しくは各学校にお問い合わせください。
本人にあう学校を見つけるには、学校をじっくり比較・検討
複数学校にカンタン一括資料請求
無料資料一括請求スタート
お気軽にご相談ください
通話無料:0120-963-569 営業時間

通信制高校 Q&A

通信制高校について

Q1入学試験はどのような内容ですか?
基本的に書類選考のみの学校がほとんどですが、最近では面接や作文などで生徒の意欲を見る学校もあります。
Q2入学の条件はありますか?
中学校を卒業していれば年齢に関係なく、誰でも入学することができます。(高校を中退した方、中卒で社会人や主婦の方、高校受験浪人の方など)ただし、すでに高校を卒業した方は入学できません。その他、通学区域などは学校ごとに定められていますのでご確認ください。
Q3勉強が苦手でも卒業できますか?
通信制高校によっては通学コースを設けているところもあり、親身になって教えてくれます。しかし、それでも通えるか不安、勉強がきちんとできるか不安という方は、学習面や生活面、精神面などの支援を行うサポート校にも通う方がより安心です。
Q4サポート校に行かなくても卒業できますか?
年に決まった日数のスクーリングとレポートで、きちんと単位を取得できるようであれば、もちろん卒業できます。
ただし、自分の力だけで単位を取得していくことは、とてもたいへんなことです。学力などに不安がある方は、通学コースのある通信制高校を選ぶかサポート校にも通うことをおすすめします。
Q5現在不登校ですが転入できますか?
内申書が入学に影響することはほとんどなく、多くの不登校の方が転入しています
最近では、不登校の経験を持つ生徒には心のケアをしてくれるなど、親身に指導してくれる学校が増えてきています。
Q6仕事やアルバイトをしながらでも在籍できますか?
仕事やアルバイトを禁止していません。働きながらでも自分のペースで学ぶことができるよう、配慮されています。
Q7通信制高校卒だと、将来就職などで不利になることはありますか?
いいえ、そんなことはありません。実際に、通信制高校を卒業し大学へ進学してから大手の銀行に勤めたり、卒業後そのままゲーム会社へ就職したりと、様々な人がいます。
通信制高校によっては、就職先の紹介や職業体験など就職支援サポートが充実しているところもあるので安心です。

サポート校について

Q8サポート校にだけ入学することはできますか?
サポート校は、通信制高校を確実に卒業するための民間の教育機関です。そのため、サポート校だけに入学することはできず、同時に通信制高校にも入学することになります。
Q9サポート校は高校卒業資格になりますか?
いいえ、サポート校は高校卒業にはなりません。高校卒業資格を取得するには、通信制高校を卒業する必要があります。
Q10通信制とサポート校それぞれ授業料を払うのですか?
通信制高校とサポート校は、まったく別の機関になります。サポート校に入学する場合は、別途授業料を払う必要があります
Q11サポート校とフリースクールはどう違うのですか?
フリースクールとは、不登校、引きこもり、発達障害など何らかの理由で学校に行けない子どもたちの居場所です。人との触れ合いや、体験学習などを通して、学校復帰や自立を促していて、主に個人やNPO法人が経営しています。
一方、サポート校は通信制高校に通う生徒が3年間で確実に卒業できるように支援する、民間の教育機関です。

高卒認定予備校について

Q12高校卒業程度認定試験に合格すれば高校卒業資格になります?
高等学校程度認定試験に合格すると「高校卒業と同程度の学力」が認定されますが、高校卒業の資格が取得できたことにはなりません(高卒の学歴にはなりません)。
詳しい募集要項や学校の特徴の比較・検討は資料請求から
不安・疑問を解消するために、まずは第一歩を
お気軽にご相談ください!
0120-963-569営業時間

通信制高校に通う生徒の声

通信制高校に入学してから、いろいろな先生と出会えたり、友達と出会えました。先生や友達とも仲良くなり、毎日とても楽しく、3年間学校に通い続けることができています。
また、仲良くなった友人たちと放課後に遊んで帰ったり、学校以外でも一緒に出かけたりする機会も増えて、本当に充実した学生生活を送れています。
そして何よりも、学校に通い続けることで、自分自身を変えることができたなと感じ、通信制高校に通ってよかったなと思っています。

(18歳 女子高校生)

中学の時不登校で、母から通信制高校のことを聞き、中学卒業後、通信制高校に入学しました。高校では友達ができたり、自分のペースでできたらと思って入学しました。
実際に入学してみたところ、先生が親しみやすかったり、行事が盛んだったり、少人数クラスで、学校の雰囲気がとても良くて安心しました。
今、部活にも入り、イラスト部の部長をしています。
進路も決まり、とても満足しています。

(18歳 女子高校生)

全日制高校に通っていましたが、学校の雰囲気が合わなく、また、自分でも思うことがいろいろあり、高校を辞め、通信制高校へ転入しました。
通信制高校は、さまざまな面で自由度が高く、良くも悪くも自分次第のところがありますので、自己管理ができない人には少し厳しいかもしれません。
私は今後の進路も考えているので、自分のペースを崩さないように勉強しています。個別指導もあったり、先生もしっかり見てくれるところが良いです。
また、勉強以外に資格や職業体験などのカリキュラムがたくさんあるのも魅力の一つだと思います。

(17歳 女子高校生)

中学の時ほとんど勉強しなかったため全日制は難しく、でも、高校だけは卒業したい・高卒資格は欲しいと思っていたので、通信制高校では頑張ろうと思い入学しました。
入学前は勉強についていけるか心配でしたが、基礎から先生がきちんと勉強を見てくれるのと、自分のペースでできるので、卒業を目指して頑張れそうです。
就職に役立つような専門的な授業や、これが学校の授業なの?!と思うようなおもしろい授業もあり、なかなか楽しいですよ。
通信制って暗いイメージだったのですが、部活にも入り、気の合う仲間もでき、毎日楽しく通っています。

(16歳 男子高校生)
新しい環境で心機一転する生徒が多数います
本人にあう学校選びを
無料資料一括請求スタート
お気軽にご相談ください
通話無料:0120-963-569 営業時間

ズバット通信制高校比較とは

通学区域で学校が見つかります まとめて資料請求できます

お住まいの地域から通える通信制高校がわかるのはもちろん、一括でほしい学校の資料と取り寄せられるので、お手間を取らせません。

日本最大級の通信制高校の資料請求サイトです

常時、数十校の通信制高校を取り扱う日本最大級の通信制高校の資料請求サイト。
国際規格ISO27001を取得し、情報セキュリティの確保に努めています。

利用は完全無料です

各項からの資料請求は「無料」です。何校資料請求しても費用は一切発生しませんのでご安心ください。

資料請求できる学校

ズバット通信制高校比較 ご利用の流れ

STEP1 まずは必要事項を入力

まずは必要事項を入力し、資料請求の依頼をしましょう!
ご利用は無料です。

STEP2 複数校に一括資料請求

あなたに代わって「ズバット通信制高校比較」が各校に資料を請求いたします。

STEP3 じっくり比較・検討

各校から資料がお手元に届きます。あとはじっくり比較・検討し、自分にあった学校を選びましょう!

本人にあう学校を見つけるには、資料をじっくり比較
複数学校にカンタン一括資料請求
お気軽にご相談ください!
0120-963-569営業時間
ISOを取得しています
当社はお客様から取得する個人情報を含めすべての情報についてISO27001に基づく管理を行い、情報のセキュリティを確保しています。